計算条件・境界条件・格子生成条件の項目の定義と読み込み処理の例

ソルバー定義ファイルでの計算条件、格子生成プログラムでの格子生成条件の 項目の定義例を示します。定義する位置は 表 7 に示すように異なりますが、同じ文法で定義できます。各対象ファイルの構造は 構造 を参照してください。

表 7 要素の定義位置
項目 対象ファイル 定義する位置
計算条件 ソルバー定義ファイル CalculationCondition 要素の下
格子生成条件 格子生成プログラム定義ファイル GridGeneratingCondition 要素の下

定義できる項目の種類を、 表 8 に示します。この節では、以下を示します。

  • 定義例
  • iRIC の計算条件編集ダイアログ上での表示例
  • ソルバー (もしくは格子生成プログラム) で値を読み込むための処理の記述例

ソルバー (もしくは格子生成プログラム) で値を読み込むための 処理の記述例では、iRIClib の関数を使用しています。iRIClib の詳細は、 iRIClibについて を参照して下さい。

記述例は読み込みに関連する部分のみですので、プログラム全体の例は ソルバーの作成, 格子生成プログラムの作成 を参照してください。

表 8 計算条件、格子生成条件の項目の種類
種類 説明 定義方法
文字列 文字列の値を入力。 valueType に "string" を指定
ファイル名 (読み込み用) 読み込み用のファイル名を入力。既に存在するファイルしか選択できない。 valueType に "filename" を指定
ファイル名 (書き込み用) 書き込み用のファイル名を入力。存在しないファイルの名前も指定できる。 valueType に "filename_all" を指定
フォルダ名 フォルダ名を入力。 valueType に "foldername" を指定
整数 任意の整数値を入力。 valueType に "integer" を指定
整数 (選択式) あらかじめ用意した選択肢の中から整数値を選択。 valueType に "integer" を指定し、Enumeration 要素で選択肢を定義
実数 任意の実数値を入力。 valueType に "real" を指定
関数型 (X, Y) の組を複数入力。 valueType に "functional" を指定し、Parameter 要素、 Value 要素で変数と値を定義
関数型 (複数の値) (X, Y1, Y2) の組を複数入力。 valueType に "functional" を指定し、Parameter 要素を1つと Value 要素を2つ定義