時刻 (もしくはループ回数) の出力

CGNSファイルに、時刻もしくはループ回数を出力します。

その時刻での計算格子の出力や計算結果の出力を行うより前に、必ず実行してください。

また、時刻とループ回数を両方出力することはできません。必ずいずれかのみ出力してください。

表 66 利用する関数
関数 備考
cg_iric_write_sol_time_f 時刻を出力する
cg_iric_write_sol_iteration_f ループ回数を出力する

時刻を出力する処理の例を リスト 94 に示します。

リスト 94 時刻を出力する処理の記述例
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
program Sample4
  implicit none
  include 'cgnslib_f.h'

  integer:: fin, ier, i
  double precision:: time

  ! CGNS ファイルのオープン
  call cg_open_f('test.cgn', CG_MODE_MODIFY, fin, ier)
  if (ier /=0) STOP "*** Open error of CGNS file ***"

  ! 内部変数の初期化
  call cg_iric_init_f(fin, ier)
  if (ier /=0) STOP "*** Initialize error of CGNS file ***"

  ! 初期状態の情報を出力
  time = 0

  call cg_iric_write_sol_time_f(time, ier)
  ! (ここで、初期の計算格子や計算結果を出力)

  do
    time = time + 10.0
    ! (ここで計算を実行)
    call cg_iric_write_sol_time_f(time, ier)
    ! (ここで、計算格子や計算結果を出力)
    If (time > 1000) exit
  end do

  ! CGNS ファイルのクローズ
  call cg_close_f(fin, ier)
  stop
end program Sample4